1. ホーム > 
  2.  グルメ

広島市内でも食べられるよ!
笠岡ラーメン「中華そば きたぎ」

2019/3/22 - グルメ, 広島県内しぶ

ニワトリさん美味しいラーメンをありがとう!
ニワトリさんの恵みでできた笠岡ラーメンが最高でした。

あまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、笠岡ラーメンとは岡山県南西部にある笠岡市で生まれたご当地ラーメンで、老鶏(親鳥・かしわ)を使った鶏ガラ醤油ラーメンです。
一般的な豚のチャーシューの代わりにかしわチャーシュー(親鳥チャーシュー)と大きな斜め切りの青ネギが特徴です。
笠岡市周辺は養鶏や製麺が盛んな地域でありそこの身近な食材から笠岡ラーメンが生まれたそうです。

老鶏とは卵を産まなくなったニワトリさんでして食肉として食べられ、広島の人には親鳥という呼び名が一番しっくりくると思います。
親鳥といえば硬めで弾力のある肉質で噛めば噛むほど味が出ることからお酒のおつまみにされることが多いですね。

そんな岡山県笠岡市のご当地ラーメンである笠岡ラーメンが広島市中心部の立町でも食べることができます。
それが2018年2月にオープンした「中華そば きたぎ」です。

笠岡ラーメンがメインですが、カレー中華そば野菜ラーメンといったアレンジメニューがあり、月水金限定でサービスセットもあります。(後述)
↑サービスセットが平日限定になっていました!そして月曜日は定休日に!(19/4/11時点)

※こういうアレンジメニューやサービスはお店を長く続けていくうちに変わっていくことが多いですので参考程度になさってください。

普通の中華そばがこちらです。
一杯700円で追加料金でサイズアップ可能です。

笠岡ラーメンのお手本のような一杯でしっかりと漂う鶏の風味に主張が強めなお醤油がいい意味での郷土料理っぽさを出しています。
麺はやや硬めですがスープがかなり熱いのでゆっくり食べるとだんだん柔らかくなるため、お好みがある方はちょうどいい感じの柔らかさを狙って食べてもいいかもしれませんね。
親鳥チャーシューは素材本来の旨味を主体にしながらも主張強めのしょうゆスープにとても合っていました。
希望があればガーリックパウダーを入れることもできるようで、コショウと違うアクセントがほしい方にはいいかもしれません。(食べ終わってから気づいたので試してないのですがスープとニンニクは合いそうな感じですよ!)
ラーメンの太らない食べ方

 

平日限定のサービスセットではこの中華そばにおむすびたまごかけごはんを選ぶことができます。

サービスセットは680円、中華そばが一杯700円…
中華そば一杯頼むよりもセットにした方が安いという強烈なサービス精神に感服です!
ただ、月水金のみのサービスなのでお間違いなく。
↑サービスセットが平日限定になっていました!そして月曜日は定休日に!(19/4/11時点)

おむすびも気になりましたが養鶏が盛んな地域のラーメンということでたまごかけごはんとの相性もいいかなと思いたまごかけごはんを選びました。

たまごかけごはんはおしょうゆではなくラーメン出汁をかけて食べる方式です。
卵自体に特別な感じはなさそうでしたが、ラーメン出汁で食べるというのは斬新でよかったです。
次に行くときも迷うことなくこれを頼んじゃいますね!
てか、他のラーメン屋さんも自分のお店の自慢の出汁でたまごかけごはんを出してみちゃったら良いのでは?
スルスルと食べられるたまごかけご飯はラーメンで満腹になっていても重くなくて〆として最高でした!

ということで笠岡ラーメン未経験の方は笠岡ラーメンに興味が湧いてきたことだと思います。
個人的に笠岡ラーメンは食べた人によって好みがはっきり分かれそうだなと感じていますが、香り主体のラーメンが好きな人なら気にいるのではないかと思いました。
気になった方はぜひ試してみてください。

[追記:カレー中華そばは天下を取れそうなほどのおいしさでした!]

以前から気になっていた「カレー中華そば」も注文してみました。
色の濃いスープがひたひたに入っているので食材が寂しく見えるのですが普通の中華そばと同じくらい親鳥チャーシューがゴロゴロと沈んでいます
まずはスープだけいただいたのですがその時は「あれ?なんか物足りないなぁ」という感じでした。
しかし、麺を食べてみたら麺のスープ馴染みがものすごくよくてお口の中で完成する系の予想外のおいしさでした!
親鳥チャーシューもとてもスープに合うのでスープ単体のファーストインパクトは低いながらも、バランスに重きを置きものすごく研究を重ねて作られた一杯なのだなって感じました。
ただ、個人的にこのメンマはいただけなくてかなり甘めのメンマとちょっとスパイシーなカレースープの組み合わせはマニアックだと感じました…
次からはメンマ抜きでお願いしようかなって思ったくらいで…
メンマの好みはさておき、それ以外の完成度はカレー中華界のトップクラスと言えると思います。
スープの第一印象に力を入れがちなラーメン界において、麺と組み合わせたときに最後までおいしく食べられるスープを生み出したのはもはや芸術なのでは!?

こちらも是非お試しいただきたい一杯です。

 

[お店情報]

店名
 中華そば きたぎ

住所
 広島県広島市中区立町5-2 キャッスル立町 1F

営業時間
 ランチ 11:30~14:00(L.O.13:45)
 ディナー 17:00~21:00(L.O.20:45)
 日・祝 11:30~
 定休日 月曜日
 ※スープが無くなり次第終了