1. ホーム > 
  2.  グルメ

かっぱ寿司食べ放題、期間が終わりそうだけど行くべき?

2017/7/3 - グルメ, レビュー, 広島県内しぶ

6/13からスタートしたかっぱ寿司の試験的食べ放題プラン、みなさまはもう行っちゃいました?
スタート当初は10時間待ちなどが大きな話題となり、「混んでるなら行きたくないなぁ」という気持ちから「そろそろ人気も落ち着いたかな?」「期間が終わるまでに行きたいなぁ」などと気持ちが変わってきた方もおられるのではないでしょうか?
7/14(金)の期間終了に向けて、この食べ放題プランの存在すら忘れちゃってたかた向けにまとめてみました!

広島では南観音店が対象店舗で、そちらの店舗の例でご紹介いたします。

めっちゃ混んでる?

結論としては「ちょっと待つくらい」です。
私は平日6/30(金)のサービス開始時刻である14時(食べ放題は平日14時から17時限定です)をちょっと過ぎた頃に行ってみましたが14時スタート待ちのお客さまが20名くらいおられて、受付では「1時間待ちです」と伝えられました。
1時間待つ覚悟でいましたが実際には、予約表に名前だけ書かれて途中離脱された方が多く30分そこらで席に通してもらえました。
第三陣以降に関してはだいぶスムーズに案内されていましたのでおそらく15:30以降であればほぼ待ち時間なしで入れそうな印象を受けました。

お店側の意地悪ってある?

極端にお得に見えるプランが出ると「お店側の意地悪ってある?」という心配が出る人もいるでしょう。
そういう人はたいてい、中央通りより東のほうにあるお店で飲み放題だったのにひっそりと紛れ込んでいた対象外メニューを大量に注文してお会計が恐ろしいことになってたり、飲み放題時間の終わりが告げられないのでそのまま注文してたら時間以降は普通にオーダーとしてつけられていたりと、大人社会で痛い思いをした人なのでしょう…

その点、ファミリー向け店であるかっぱ寿司はまったく心配ありません。
うっかり食べ放題対象外のメニューを注文すると厨房からスタッフが走ってきて「その商品は対象外ですが注文されますか?」って確認してくれます。
スタッフを走らせるのが申し訳ないので次回以降はこちらも注文が慎重になります!
また、時間制限に関してですがスタッフが10分前に声をかけてくれて「終了時間までにお会計ボタンを押してください」と案内してくれます。
こういう、手厚い声掛けのおかげで「予想外の料金請求」など、某大人のお店であるような意地悪は皆無です。
ただ、食べ残しの追加料金は明記されてますので食べ残しはないようにしましょうね!

元がとれる?

この食べ放題プランは男性は1,580円という「お寿司だけ食べるなら16皿以上食べないと元が取れない」という微妙にも感じてしまう価格設定です。
普通の胃袋の持ち主であれば「ちょっと無理したり、変化球の注文をすれば定価ベースでは元が取れる」という雰囲気です。

お寿司という食べ物の根底は当然お米なんですよ…
食べ放題メニューは2貫100円のものなのでお食事軽めの方は5皿(10貫)食べたらまぁまぁ満腹感が出てくると思います。


無理して16皿くらい食べて元をとるか、サイドメニューを充実させて元をとるか、それはフードファイターの戦闘スタイルによって異なりますが、女性は食べ放題序盤で「手作りプレミアムプリン」にシフトして、プリンを大量に楽しんでいるケースが多いようです。
このプリン、3つまではノンストップで食べられちゃうほどめちゃくちゃおいしいプリンなのです。

ところで「シャリを残してネタばかり食べればいいじゃん」と思った鬼畜志向の方もおられるかもしれません。
食べ物を粗末にするような人にはシャリのお残し一貫につき30円の追加料金です。
そもそも、食べ物を粗末にしてはならないので計画的にしっかりと責任をもって食べてくださいね。

ちなみに、食べ放題プランにはソフトドリンクのドリンクバーがついていますがコカ・コーラ系の定番ドリンク5~6種類だったと記憶してまして、「普通はわざわざお金を払ってまで頼まないだろう…」という感じのドリンクバーでした。
お子さまは喜ばれるかもしれませんが、大人はお寿司との相性という意味でもお茶系(爽健美茶、ウーロン茶)を飲んで終わりって感じですねぇ…

おすすめメニューは?

メニューに関しては「高いもの」「季節限定メニュー」が対象外で、お寿司は2貫100円のものが対象です。
サイドメニューも麺類のほとんどと216円のもの中心に対象です。

※公式サイトより引用

お寿司に関しては定番のものが中心ですが、サイドメニューがとても豊富ですね。
私のイチオシは手作りプレミアムプリンシリーズ、特にプレミアム和風プリンですね!


プリンベースは同じなのですが、上に乗るトッピングの違いで味に変化が出て何個か楽しめます。
女性のお客さまで7個食べるってことも珍しくないそうなので、プリン食べ放題と頭を切り替えるのもいいかもしれません。
あと、レーンに回っているお寿司のガビガビ率は高めなので見た目が今一つのものがあればオーダーしてみてください。
出来立てはほんのりと暖かいシャリにひんやりとしたネタが乗ってて一皿108円というお値段が申し訳なくなるおいしさです。

まだ行ってないけど行く価値ある?

一度は行ってみるべきですね!
われわれのように裕福でない人間は「元を取る」に執着しがちですが、「好きなものを好きなだけ値段を気にせず好きなように食べる」プランだと思えばとてもワクワクしませんか?
かっぱ寿司食べ放題には元を取る、取らないという気持ちを超越したエンターテイメント性があると感じました。
普段は食べないようなメニューに手を出して、新たなおいしさに気づき(私の場合はプリン)、次から普通に注文するようになるというのもステキな出会いですよね?

行こうかどうか迷ってる方はぜひ7/14(金)の期間終了までに一度体験してみてください。

 

[食べ放題キャンペーン公式サイト]
https://www.kappasushi.jp/campaign/tabehoudai.html