1. ホーム > 
  2.  グルメ

昼間から広島名物コウネも食べられる焼肉ランチ
トビノモリタカ(中広店)

2017/12/27 - グルメ, 広島県内しぶ

飲食店魔のエリアでも生き延びているおいしい焼肉やさん

 

冒頭はネガティブな話題が続きますが、大絶賛記事ですのでどうか最後までお読みください!

広島市西区中広一丁目という土地は飲食店ができてもあまり振るわず潰れちゃう魔のエリアと揶揄されたりしています。
ここ数年間で「あれほどまずいラーメンチェーンはない」と言われてたラーメン屋が潰れちゃったり、「広島市内の○○(営業中なのでメニュー名伏字)であそこまでまずいのも珍しい」と言われてた○○屋さんは○○じゃなくてほかのメニューに力を入れ始めたり、地元民が大絶賛していた中広一丁目の良心であった中華料理屋さん「美食亭」も営業を終えて別の中華料理屋さんに入れ替わっちゃった(こちらに関してはとても良いお店でしたが、ご家族の都合で閉店と聞いています)などケーキショップアリスのような名店もある中でアレな飲食店が多いというのが少々興味深いです。

さて、今回ご紹介するトビノモリタカもまぁまぁアレな感じのお店でした。
もともと別の焼肉屋さんがあった場所なのですが、こちらもちょっとアレな感じで閉店なさって、そのあと2015年秋ごろに居ぬきで入ったのがトビノモリタカだと記憶しています。
A5黒毛和牛の大きな一枚肉を焼肉にすることができるお店ということで、カイノミ、ササバラ、しんしん、いちぼなど希少部位も扱っておられます。
近隣にチラシが入っていたりもしたのですが当時の(今も?)ここの主力商品のお弁当が良いものなのだろうけど、1500円以上のものが主流なのでなかなか庶民には手が出しにくい価格設定でして、中には1万円を超える超高級お弁当もあるようで私なんかがお客になれるお店ではないなと感じていました。
しかしながら、店内で食べたことがある焼肉マニアが「あそこは庶民的な食べ放題に比べるとちょっと高くつくけどとてもおいしいよ」と言ってたりもしたので長い間気になりながらも近づけないお店としてご近所に存在していました。

そのお店が、いつごろからかわかりませんが「ランチリニューアル、自分で焼くスタイルに」なったそうです。
焼肉ランチっていえば自分で焼きたいじゃないですか?
広島名物のコウネもありまして、その定食が800円とかなり優しめの値段でした。
これは行ってみるしかないと思い初入店!

店員さんがとても親切

少し入りにくい雰囲気の外観ですが、店員さんは爽やかでとても親切です。
飲食店の店員さんってちょうどいい距離感ってありますよね?
入りにくいお店で店員さんの愛想がよすぎて世間話にまで発展する感じだとしんどいですし、重厚な空気で待機されても食べにくいし…
ここの店員さんは優しさを醸し出しながら爽やかに接客してくださって、必要以上のコミュニケーションは取ってこないので入りにくいお店でも安心できる雰囲気です。
こういうのホント助かるんですよ…

テーブルの調味料にもこだわり

テーブルにはお醤油、岩塩なども置かれているのですが適当に買い集めたという雰囲気ではなくてこだわりを持っているんだろうなというのが伝わります。
特に、岩塩は牛肉の脂と良くなじむものでして米国ではステーキの振り塩として愛用されている商品だそうです。

最初のタレは2種類

コウネ定食と和牛ミックス焼肉定食を頼みましたがどちらもお醤油タレ&おろしポン酢のタレ皿が届けられました。
これ以外にもお好みで卓上の甘ダレやピリ辛ダレを使ってくださいということで一度のランチじゃ楽しみ切れないタレのバリエーションですね!

こちらもこだわりの定食セット

定食にはライス、キムチ、サラダ、お味噌汁がつきます。
これだけ聞くと普通かもしれませんがこれらにすべてこだわりを感じます。
キムチは辛すぎずコクと甘みがしっかりあるもので「辛いのを食べたからあとで味が分からなくなった」などということはなさそうな優しめの味です。
お味噌汁は少し大きめの具材が入っていてしめじ、玉ねぎ、にんじん、豆腐とやきにく屋さんらしからぬ手作り感があります。
サラダもさっぱり目のドレッシングに海藻麺が入っていて食感もこだわった素晴らしいものでした。

そして、ほかほかご飯!
某有名フードコンサルタントが「立地が相当悪くない限りは、定食屋はきちんとおいしい白米をたっぷり提供したらヒットする」とおっしゃっていて、それが頭に焼き付いているのですがこちらはまさにそんな感じのとてもおいしいほかほかご飯でお替り無料です。
やきにく屋さんとしては不本意かもしれませんが「ご飯がおいしすぎてお肉は別に何でもいい感じなった」という感想も出たほどでお肉登場の前に届けられた定食セットの時点で大満足の珍しいお店です。

肝心のお肉

注文を受けてからお肉をカットされているようで、「提供に少し時間がかかりますがよろしいですか?」と声を掛けられましたがお肉は10分以内にはやってきました。
まずはコウネ定食のお肉です。

お肉はガッツリ食べるつもりで行くと少し少ないかなと感じます。
しかし、お肉大盛オプションがあるのでお肉をガッツリ食べたい方は大盛オプションを頼んでみるとよいかも。
ただ、オプションを付けると800円台定食も1000円を越えちゃいますけどね!

うまみバツグンの脂とともに少しコリコリした食感を楽しむ広島名物コウネは柔らかめのコウネでした。
タレはどれも合いますが脂がしっかりのるのでシンプルに岩塩がおいしいですね!
コウネはお店によっては薄いぼろ布のような食感のものもありますが、ここのコウネはしっかりとおいしいお肉でした。

続いての和牛ミックス焼肉定食はたぶんカルビ、ロース、ハラミかな?

コウネに比べると若干ボリュームが多そうに見えました。
臭みがなく柔らかいお肉で主張しすぎないのでタレを変えると印象がガラリと変わるのがおもしろいです。
お店に初めて来るときはこれが良いかも!

参考にランチメニューをどうぞ(画像クリックで拡大)

 

夜メニューも気になる!

ついでに夜メニューの一部もご紹介します。(画像クリックで拡大)

お値段的には普通の焼肉屋さんという感じでして、ランチのこだわりから考えればかなり期待できそうです。
冷麺もとても気になるので近いうちに夜もチャレンジしてみようと思います!

 

 

まとめ

なんとなくハードルが高そうだったため近所でもなかなかご縁がなく、近所でない方にとっては「たまたま来た」ということが少ない場所ではありますがこういうところに良いお店は隠れてるんでしょうね!
機会があればぜひ足を運んでいただきたいお店です。

本記事の内容は時間とともに古くなる可能性がありますので、お店の情報は公式サイトをご覧ください。
http://tobinomoritaka.com/