1. ホーム > 
  2.  広島県外

大人は楽しめないってホント?
大人だけで雨の日にレゴランドに行ってきたよ!(入場まで編)

2019/6/5 - 広島県外, 愛知(名古屋)しぶ

たぶんみんなの想像以上に楽しいぞ!
大人が行ってもちゃんと楽しいレゴランドをぶっちゃけ内容でご紹介します!

2017年4月にオープンしてどちらかといえばネガティブな話題が多く何かの引き合いにされバカにされちゃってることも多いレゴランドさんですが、2018年の春には隣接する水族館シーライフや公式ホテルレゴランド・ジャパンホテルもオープンして、令和元年の今年7月には新エリアであるニンジャゴーワールドがオープンするなど着実に進化しています。

実は私…かなりディープなレゴブロックファンでして、押し入れひとつ丸ごと占拠するほどのレゴブロックを寝かせているレベルなのです。
しかしながら広島と名古屋という距離の問題に加えネガティブな情報の乱立を真に受けて完全に行く機会というかモチベーションを失っていました…
先日、偶然にも名古屋に2時間くらいの用事ができたので、これを逃すと二度とチャンスはないかもしれない(閉園的な意味も含めて…)と思い日帰りのついでに半日ほどレゴランドで遊んでしまおうと決心しました!
ところが残念ながら当日は猛烈な悪天候で強風を伴う雨!

それならそれで「雨の日に大人がレゴランドを楽しめるのか」というテーマで遊んでみることにしました!
レゴランドにネガティブな印象を持ってる方にこそ読んでいただきたい雨の日のレゴランドレポートです!


↑つい最近、レゴランドをテーマにしたレゴブロックのセットが発売されたりもしました。
ショップ定価は2万円いかないくらいだそうなので、プレミアム価格にご注意くださいね!

ぶっちゃけ、当日までめちゃくちゃ葛藤したレゴランド

かつて私はレゴブロックガチ勢で当時はいろいろな作品をたくさんの人に見てもらう立場にあったりしました。
レゴファンの中にはネットや書籍で私の作品を目にした人もいるだろうなーって思います。
今は多忙と作業スペースがなくなっちゃったことからガチな作品作りからは引退していますが、いつでも復活するぞという意気込みで押し入れいっぱいにレゴブロックを眠らせています。

そんな私から見てもネットの情報を見る限りは「レゴランドってつまらなさそう…」って思っちゃうんですよ…
名古屋に行く用事ができたのに、今度は入場料が惜しくてギリギリまで行くかどうか悩んじゃうほどのモチベの低さ…その時間とお金で名古屋のおいしいご飯を食べたほうが幸せなのではって思い悩んでました…隣接するレゴランドホテルは宿泊客じゃなくても入れるスペースがあるので、それで行った気分になって帰っちゃおうかとすら思いました…

しかしこういうのってまさに「経験は想像を超える」ですよね。

サイトやガイドブックを見てどーのこーの考えててもそれっていったん誰かの視点を通したうえでの自分の想像や妄想でしかないんですよね。
実際の現場ってそれを超える色んなものがゴロゴロ転がっています。

なのでレゴランドも行ってみようと決心しました!

そして

行ってよかった、
(わざわざ行くほどではないけど名古屋に行く機会があれば)
もう一度行きたいな!

って思いました!

めっちゃ雨!!!

レゴランドの最寄り駅である「金城ふ頭駅」は工場地帯という感じで周りに活気のあるものがほとんど内容な場所でした。
到着した頃には強風を伴う大雨になっており、取り急いで雨具を手に入れなければならない状態に…
ここ、たぶん海沿いだからもともと風が強いんでしょうね…

駅から出て連絡通路へ進むとレゴランドホテルが目につきまして、そこを目指して歩いて行くとレゴランドより前にメイカーズピアという商業施設に入ります。
ここが「色んな飲食店が出店してたけどレゴランドの集客が振るわずにどんどん撤退しちゃった」って報じられてた場所ですね。
平日の13時くらいだったのにほんとに人の気配がなくて営業していないお店がかなり目立ちました。
ここもゆっくり回りたかったのですが傘を求めていた我々はアーケードを求めながらダッシュで駆け抜けました。
この時が一番雨がひどかったので写真も撮れずでした…

私たちはダッシュで飛び込んだレゴランドホテルのショップで無事にどこにでもある普通のビニール傘(600円)をゲットしました!
ちなみに、レゴランドは水に濡れるアトラクションがあるのでレゴランドオリジナルのポンチョ(雨合羽)も売ってましてこっちはなかなか可愛らしかった!

※後で知ったんですけど「金城ふ頭駅」の近くにコンビニがあったんですね。普通の雨具ならこっちで買うのが安いかも。

 

レゴランドホテルは自由に入れるよ!

せっかく入ったのでレゴランドホテルのご紹介から。

1Fのロビーにショップが併設されていて2Fにはバーやプレイエリアもあります。
この辺りは宿泊客じゃなくても入れるのでお試しに入ってみてもいいかもしれませんね。
1Fには水深60センチのソフトなレゴブロックが浮かんでいる広いプールがあったそうなのですがここは行き忘れました…


まだできて1年くらいのホテルなので内装はまだまだきれいでした。
2階に続く階段もかわいい!

レゴのキャラクターを普通サイズのブロックで再現したフィギュアも展示されています。
これは子供の身長くらいあるやつです。

宿泊客じゃなくても利用できるバースカイランバーです。

こちらも13時ごろの写真ですがガラガラですね。(営業中です)
奥にお魚が泳いている水槽があるのですが、これは隣接する水族館シーライフのお魚が見えているそうです。
ここ、ドリンクメニューが400円からなので手軽に利用できそうですが我々は時間に追われていたので今回は素通りいたしました。
現在13時、レゴランドの閉園は17時、4時間弱しか遊ぶ時間がないからです…

2Fのこの辺りには超大型サイズのレゴブロックで船や建物をモチーフにしたアスレチック的なものがあって登ったりして遊ぶことができます。
レゴブロックとしては馴染みのある様々なパーツが超大型になっているのはレゴファンならワクワクするポイントですね。

けっこう手狭なスペースにあるので撮影が難しかったのですがレゴのポッチはこれくらい↓の超ジャンボサイズです!
これが1ポッチ!

レゴランドホテルは4人部屋(大人は2名まで)の朝食ビュッフェ付きで3万円ちょっとからとのことなのでお子さまがお二人のご家族などは割とリーズナブルに宿泊できるのではないでしょうか?
この辺の価格は変動すると思いますのでご興味がある方はレゴランドホテルの公式サイトをご覧ください。

和をテーマにした大きなミニフィグも展示されています。

 

チケットを買っていざ入場!

チケットはネットで事前に買うこともできます。

え!?事前予約したら3,300円!?
レゴランド、めちゃくちゃ安くなってるじゃん!!!

って思ったのが行こうと決めたきっかけですがご安心しないでください。
レゴランドは大人には厳しい世界です。

表示されていたのはこども料金で、クリックすると大人料金が表示されます。
事前購入で500円オフ、1割引ということなのですが遠方から向かうため途中のトラブルでたどり着けないなどもあるかなと考えて当日購入することにしました。

ネット購入すればチケット購入の列に並ばなくても良いよということなのですがご安心ください。

たぶん平日は並ぶ必要なし!
悪天候だったためかもしれませんが、チケット販売窓口がひとつしか空いていませんがそれで完全に十分です。

チケットを買ったら入り口へ向かって手荷物検査をしてスラっと入場です。
パークへの持ち込み品については以前よりは優しくなったとはいえ、まだまだダメなものも多いです。
現時点のものを転載しますが、行かれる方は事前に公式サイトでチェックしておいてくださいね!

入り口では着ぐるみのミニフィグキャラクターたちがたくさんいましたがうっかり撮影を忘れる事態に…
代わりに入ってすぐの令和の恐竜をご覧ください。

令和という文字もレゴでできているよ!

 

入ってみて感じたこと

噂通り高速道路が見えちゃうような立地で敷地面積も大きくないのですがやっぱり現場に行くとレゴの世界観で作られた建物やアトラクションのスケール感でテンションが上がりますね!

こちらはミニランドというレゴで作った観光名所のエリアなのですが後ろがバッチリ高速道路!
夢と現実とのコントラストととらえることもできる風景ですね。

悪天候のためか平日はこんなものなのか、視界に入るお客さまはホント数人ですれ違うと「あ、他にも人がいたんだ」って思い出すようなレベルです。
すれ違う人はスタッフさんの方が多いくらいだったかもでして、施設全体で数十人くらいしかいないかのような印象を受けました。
一日で200人もいなかったんじゃないかなぁと想像します。
まれに聞こえる他のお客さまの話し声はアジア系の外国語でしてたぶんこの日の半分以上がアジア系外国人だったのではないかと思いました。

基本的に屋外は屋根がほとんどないので屋外アトラクションもやるならずぶ濡れの覚悟でといった感じでした。
先ほどのミニランド(次の記事で詳しくご紹介)は屋外に野ざらしになっていてパーツの隙間などに雨水がたまりまくっていました…
世界各地のプロのレゴビルダーが集まって2年間かけて作ったという大人にとっては一番の目玉になりそうな場所なんですが、ここも野ざらしなんですね…
雨が降ったら傘をさして眺めないといけないし、風が強ければずぶ濡れになっちゃうしで全く落ち着けません…
それより何より、レゴに愛着がある人間視点では作品の劣化が心配です…
壊れたらまた2年かけて作り直すことになるんでしょうけど大丈夫かなぁ…そのタイミングで閉園しちゃったりしないかなぁ…って大人ならではの心配事が付きまとって集中できません…

とはいえ、テーマパークで人が少ないっていうのはめちゃくちゃ快適ですね!
人が少ないからこそ楽しみ方が増えているという側面もあると思います。
晴れてる日に行けるのがベストですが、これほどまでにゆったりできるなら雨の日の来園も悪くないなって気がします。

ということで今回は入場編まででした!
次回の記事ではもう少しゆっくりとレゴランドを回ってより多くの魅力をお伝えして参りたいと思います!

…魅力を感じなかったですって??
大丈夫!
ネガティブな内容をこの記事で出し切っただけなので!
次の記事はきっと大丈夫!!!

 

余談:
レゴって高級品のイメージがありますけど最近は割引も大きいのでそうでもなかったりします。
5000円くらいの予算でかなりの楽しみ方ができて、大人になってからの方が楽しいおもちゃだったりします。
レゴを始めるならまずはこのあたり↓がおすすめです!

 

次の記事

大人は楽しめないってホント?大人だけで雨の日にレゴランドに行ってきたよ!(入場まで編)