1. ホーム > 
  2.  グルメ

広島初上陸!タピオカでおなじみの有名店!
ゴンチャ(貢茶)シャレオ店のオープンを見守ってきました!

2019/7/5 - グルメ, 広島県内トミー

タピオカブームもひと段落かと思っていた矢先に広島にも新しい人気店がやってきました!
いろいろなタピオカ専門店ランキングなどでトップ3に入ることが多いお店であるゴンチャが本日7/5に広島初上陸となりました。

ゴンチャは漢字で書くと「貢茶」となります。
これは皇帝に希少な最高品質のお茶を献上する(貢ぐ)時に使われていた言葉から来ているそうです。
以前ご紹介したKOI The(コイティー)と同じく、茶葉にこだわったお店なので「タピオカがなくてもそもそもお茶が美味しい」というお店になっています。

土日の待ち時間は30分以上!?第三次タピオカブームの牽引役「KOI The(コイティー)」に行ってみた!

 

ボス「え!?並ぶよ!?

オープン当日ですがタピオカブームも一段落してそうだし平日だしという甘い見込みで開店10分前に現場に挑んだ私たちの目に飛び込んだのは想像をはるかに超えた待ち行列でした。
最近、私たちはツイッターでリアルタイムレポートをすることがありまして、せっかくなのでその時の様子はこちらをどうぞ。

 

ゴンチャのお店の前から50メートルくらい先の「シャレオ南1出入口」までずらーっと人が並んでいました。
しかも、2列じゃなくて3列並び!
警備員さんがおられ最後尾へと誘導してくれています。

最近気づいたんですが、我々人類にとって並ぶのも一つの娯楽になってるんですよね。
並ぶこと自体が楽しくて行列の先はタピオカじゃなくても良いんです。
人気の割に微妙な味のラーメンでもさほど安くない特売品でも並んでゲットする爽快感が得られたらたぶんなんでも良いんです。

この日は、創刊カラフルのボスであるトミーさんと一緒に現地に向かったのですが、私はみなさんが楽しそうに並んでいる姿に満足したので。

「これは2時間コースの行列ですね!さぁ!仕事もあるし帰りましょうか!」

と建設的な提案をしました。

「え!?並ぶよ!?」

というパワハラ的プレッシャーが飛んできたので素直に従うことにしました。

ゲットするまでホントに2時間かかったよ!

創刊カラフルでいろんなところに行ってるおかげで行列の雰囲気で待ち時間を読む才能のみが劇的に伸びている私ですが、お目当てのドリンクをゲットしたのがホントにほぼぴったり2時間後で、並んでいるときは5分ごとに3~4歩くらい進むような動き方でした。

先日レポートしたエディオンさんのオープンではたくさん人が集まったことによる行列が周辺の方々に迷惑をかけないように警備員さんとスタッフが一丸となって頻繁に声をかけながら行列を整理していたのがとても好印象でした。
ゴンチャの行列管理はそれに比べると少々お粗末だと感じまして、行列を整理する立場の方が少なすぎるように思えました。
一部のお客さまですが3列に並ぶ指示を無視して列を大きくはみ出して広がっていたり、購入を終えた方が列に友人が並んでいるのを見つけてそこでまた列にたむろして大きく広がって周辺に迷惑をかけたりというシーンも目につきました。
周辺は通常営業しているお店も多く、シャレオは地下道として通勤される方などの生活道にもなっています。
今回に限らずですが並ぶ人は「自分が何かの邪魔になっていないか」という想像力を働かせながらお行儀よく並びましょうね!

注文の方法

スタッフさんや警備員さんが近くにいるときはメニュー表を頂けるので並んでいるときはまずはメニュー表を見てみましょう!
ない場合はお店の入り口に立ててあるのでそこからいただくのもよろしいかと思います。

注文方法は基本的に以前ご紹介したKOI The(コイティー)と同じ感じです。
ベースとなるオリジナルティー4種のうち一つを選んで、それにトッピングを最大三つまで選んで加えるという方式です。

ベースのオリジナルティーはどれも香りが強く立っていてとてもおいしいのですが、迷ったら少し割高になりますが阿里山(ありさん)ウーロンティーをおススメします。
これは特に茶葉の香りが強く他で飲んだことのないおいしさだったのでこのお店の特徴になるのではないかと思いました。
甘さや氷の量も好みでオーダーできまして、甘さは控えめの方がお茶の香りがたちますよ!

ゴンチャタピオカはオプション扱いなのでプラス70円でドリンクに入れてもらうことになります。
グラスジェリーなどの変わり種トッピングもありますが、タピオカなどの固形トッピングはあまりごちゃごちゃと色んな種類を入れないほうが落ち着いて楽しめる気がします。
ミルクフォームは泡立てたミルクでちょっと塩分のきいたクリームのようなものになっています。
ゴンチャで王道的に楽しむなら何かしらのオリジナルティーにミルクフォームとタピオカを入れるのがベストではないかと思います。
ちなみに、トッピングを二つぶんの料金を支払えばタピオカダブルでもいただけます!

ここは大切なところですが、氷なしの場合はプラス70円かかるというルールがありますのでここはしっかりと覚えておいてくださいね!
たぶん、氷の代わりにお茶が増えるのでその分の料金なのでしょう。

ところで、こういう行列だと一人一杯のような暗黙のルールができてる気がしますが2時間も並んだらお茶もスムージーも飲みたくなってきますよね!?
店員さんに「2杯頼んでもいいんですか?」と尋ねたところ「もちろんです!」というお応えでしたので私は2杯頼みました!

ということはこれ、グループで行かれる方は誰か一人代表者が並んでまとめて注文するとかでもいいかもしれませんね。(杯数の上限があるかもしれませんのでこの作戦を使う方は並ぶ前に店員さんに確認してね!)

ゴンチャ…タピオカ以外もめちゃくちゃおいしいぞ…

今日は創刊カラフルのボスだけでなく特派員も一人同行してくれたので回し飲みしながらいろんなものを試し飲みすることができました。

こちらはボスのブラックミルクティー+タピオカトリプルです。
お茶の香りが立っててとてもおいしいのですがどちらかといえばミルクの主張の方が強い一杯だと感じました。
とてもおいしいけど2時間並ぶほどの感動にはギリギリ届かなくて、これはもうちょっと何か欲しいなと思ってたところボスが「あ、ミルクフォームを頼むの忘れた…」とおっしゃってました。
確かに、ミルクフォームが追加されたら化けるかもしれませんね!

続いてこれは最高級においしい阿里山ウーロンティー+ミルクフォーム+タピオカです。

さすが他よりも50円も高い阿里山ウーロンティー
めちゃくちゃ香りが立ってて今までに味わったことがない芳醇な香りがしていました!
これは2時間並んでプラス50円はらう価値がありますね!

ミルクフォームをトッピングするとこういう飲み方案内のシールが貼られます。
「ティーだけ」で飲むとお茶の香りをしっかりと楽しむことができ、「ミルクフォームだけ」だとミルクフォームの塩分でお口直できます。
最終的には混ざった感じになって最後まで楽しめるのでミルクが嫌いでない方はぜひミルクフォームのトッピングをしてみてください。

ここでちょっと変わり種を。
ブラックフォレストというドリンクがあってベースがグラスジェリーになっているそうです。

グラスジェリーとは薬膳ハーブを煮詰めて作ったゼリーだそうでこれにミルクフォームとタピオカが入っています。
グラスジェリーは意識すると独特の臭みがあるのですが、食べにくい感じではなく黒蜜などに近い雰囲気です。

台湾ではどちらかといえば健康食品に分類されるそうで、高血圧や糖尿病にも効果があるといわれ、デトックス効果があるそうでニキビや吹き出物に悩んでる方にとっても良い食べ物とされています。
仙草ゼリーとも言うそうですがなかなか口にする機会はないですね。

仙草ゼリーは缶入りで売ってたりするようです。
病みつきになる味だったのでこれは毎朝飲みたいなぁ…

そして最後が思わぬ伏兵であるウーロンミルクティースムージーです。
他の飲み物も相当おいしいのですがこれはそれらをもうちょっとだけ越えちゃうおいしさです。

ミルクシャーベットのような感じになっていますがウーロン茶の香りがめちゃくちゃ立ってて爽やかな甘みと香ばしさとかすかな渋みがめちゃくちゃ良い連携技を出してきます。
タピオカが入ってないんですけどほんとこのおいしさならタピオカなんていらない

先ほども触れましたが、一人一杯じゃなきゃダメというわけではないのでお茶ベースのタピオカドリンクとスムージーなどのスイーツ系ドリンクをダブルで注文するのも幸せな選択肢になると思います。

 

タピオカブームはこの先どうなるんだろう…

広島市内中心部のタピオカブームはひと段落したかのように見えた一方で、イオンモール府中のKOI Theでは平日でも行列ができていたりとタピオカという食材自体が人気だったブームの初期とは違ってきちんとおいしいお店が人気という雰囲気にシフトしてきているように思えます。
実は広島では8月以降も辰杏珠(シンアンジュ)、TEA18(ティーエイティーン)などの有名店の出店が控えています。

私、実はタピオカブームが始まってからいろんな新しいお店を回って入るのですが「ちゃんとおいしいから自信をもってみなさまに紹介できる」と思えたのは今回のゴンチャと前回のKOI Theくらいでした。
お店に行ったけどみなさまに紹介するレベルではないという理由でボツになった取材ソースの多いこと多いこと…
ブームだけガッツリ稼いでブームが終わったらとっとと消えちゃおうみたいなお店が目につく中、しっかりとおいしさを追及しているお店にはこれからも末永く頑張ってほしいですね!
人気が落ち着いて行列がなくなって、飲みたいときにサクッと飲めるようになるくらいが一番幸せかもしれませんね…

 

ゴンチャ 紙屋町シャレオ店
住所 〒730-0011 広島県広島市中区紙屋町2 地下街シャレオ201
TEL 082-546-3224
営業時間 10:00〜22:00

 

※掲載情報は執筆時時点のものです。正確な情報が必要な場合は公式サイトをご覧ください。